大卒と高卒の昇任による違い

昇任による違いですが、階級があるからには早く上にあがりたいものですよね。
昇任についても高卒と大卒では少し違いがあります。
消防士、自衛隊、警察官とも階級があります。
昇任するためには階級を上げなければなりません。
そのため昇任試験があります。
昇任試験を受けるには勤続年数の条件をクリアしなければ受験資格が得られません。
例えば消防士から消防副士に昇任する場合、昇任試験の受験資格は所属する各消防本部により基準は違いますが、ある市では高卒が勤続年数7年、大卒は勤続年数5年と違いがあり、大卒のほうが速く昇任できるので大卒で消防官になったほうがメリットがありそうです。
特例として消防学校優等生や、表彰された場合に昇任試験の受験資格の期間が短縮されることもあります。
昇任すれば階級があがり、昇給にもつながり、収入にも違いがでます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ