消防士になるには、いつからどのようのな勉強をしたら良いのか?

一番のポイントはあなたがどの程度の試験を受けるかによって試験時期と試験内容が違います。自分が受けたいコース(高卒、短大・専門学校、大学)を決めましょう。
ほとんどの自治体が年一回、消防官試験を行っています。試験は一次試験と二次試験の二回行われます。二次試験は体力テストが主な内容です。
一次試験はほとんどの自治体で選択問題を行います。高卒程度であれば作文。専門学校、短大程度と大卒程度は論文ととなります。

いつから消防士の試験に向けて勉強するか

一次試験の実施時期が全国一斉ではないので、志望する消防署によって違うので前もって確認することです。確認時期としては試験を受ける2年前に確認するとよいでしょう。
なぜ、2年前なのか?
それは、一次試験が6月・7月と早いからです。一般企業の就職活動もそのころからはじまりますが、消防士となるとこの時期に一次試験をパスしなければまた来年のエントリーとなります。2年前であれば一次試験に向けての予定を組むことができます。

消防士になるには年齢制限があります。

この年齢制限は高卒程度で志望するなら高校卒業見込みから20歳または21歳まで。大卒で志望するなら大学卒業見込みから29歳または30歳まで。これも自治体によって違うので、もし年齢制限が気になるのであれば早めに志望する消防署で確認するようにしましょう。消防士になろうと思い立って勉強をしても実は年齢制限で採用試験に受ける資格からはずれていたということ内容にしましょう。

消防士採用試験にむけて、どのような勉強をするか?

消防士採用試験の出題問題には例年の出題傾向があります。
過去の問題参考書から始めると良いかもしれません。
そして、論文と作文です。こちらも消防士の過去問題集にどういった内容の論文と作文が例としてある場合があります。こちらを参考にしてみるのも手です。
消防士採用試験なので内容は、消防に関する事になると思います。

独学では不安

そういった方には消防士になるための学校や通信講座があります。
そこでは、消防士のを専門に勉強をするので自分にあった勉強方法を選ぶと良いでしょう。
通信教育も学校も論文の添削をしてくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ