高卒と大卒による仕事内容の違い

元気よく活躍されている消防士をみると、高卒は18歳から消防士の仕事を数多く経験しているため大卒で入ってくる年代と同じ時で比べると高卒の方が先輩となり経験値でも上になります。
消防士にもいろいろな種類の職場有り、特殊な部隊もあります。皆さんが知っている一般的な消防士の仕事として消火活動や救急がありますが、活躍されている消防官は高卒が多く、事務系の消防官は大卒が多いでしょう。
大卒で消防官になられる方は学んできた学科により進む部隊も変わることもありますが、狭き門だといえますが、あきらめにことが大切でしょう。
航空隊…消防ヘリコプターに乗り、山火事やポンプ隊が入っていけない場合の消火活動をしたり、火災現場のようすをカメラで撮影したり、救助、けが人や病人を運んだりします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ