ハイパーレスキュー隊とレスキュー隊と救助隊と救急隊の違い

ハイパーレスキュー隊とレスキュー隊と救助隊と救急隊の違いについて説明します。

ハイパーレスキュー隊

東京消防庁をはじめとしてレシュキュー隊の中でも優れた部隊になります。
レスキュー隊の階級のなかでも一番上に位置し、ハイパーレスキュー隊になるには数々の試験や体力、精神が必要になります。訓練された中でもエキスパートなレスキュー隊です。

レスキュー隊

ハイパーレスキュー隊以外をレスキュー隊といいます。
どちらも、人を助けることを専門にする隊です。
交通事故で人が挟まれたときなど、特殊な機械を使って助け出します。

救助隊

救助隊とはレスキュー隊のことであり、東日本大震災でも多くの救助隊が全国から集められ救助活動を行いました。

救急隊

救急車を配備した隊であり、火事で負傷者も出ることもあるので、救急隊も救急車で出動します。3人1組の救急隊には救急救命士を1人はいることが理想と消防庁よりすすめられています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ