救急隊と救急救命士の違い

救急隊は救急車に搭乗し傷病者を運ぶ隊のことで、医師免許はもっていません。消防学校で教育を受けて適切な対応で傷病者を運びますが、今は救急隊の中に理想として1人は救急救命士を入れることを進めて、医療行為とされない範囲内での応急処置ができる救急救命士も救急隊としています。
救急救命士は平成3年にできた国家資格です。
3人1組の救急隊に救急救命士を1人はいることを理想として消防庁より救急救命士の配置がすすめられています。
救急救命士のやくわりは、救急救命処置を行う救急のエキスパートであり、一刻を争う急病や交通事故で医師の指示のもと心肺停止や呼吸困難な傷病者に対して決められた範囲で応急処置を行います。
救急救命士は医師免許をもっていないので決められた範囲の応急処置以上のことはできません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ