消防ヘリコプターと防災ヘリコプターとドクターヘリコプターの違い

消防ヘリコプターは、空からの消火、救助、情報収集、救急患者の搬送等を行っています。
防災ヘリコプターは、緊急運航時は消防ヘリコプターは、空からの消火、救助、情報収集、救急患者の搬送等を行う他、災害時の緊急物資や人員輸送、広域応援などを行います。
ドクターヘリコプターは、救急専用の医療機器を装備し、救急医療の専門医師と看護師が搭乗した専門ヘリコプターです。
東日本大震災時はたくさんの消防ヘリコプター、防災ヘリコプター、ドクターヘリコプターが活躍しました。津波で道路が寸断され、救助するにも車両では向かえない現場ではヘリコプター以外には手段がありません。こうした非常時ではヘリコプターが威力を発揮しますが数にも限りがあるので、まだまだ必要とされています。
こうしたヘリコプターに搭乗できるのは厳しい訓練にパスし優れた技術をもったエリートだけです。多くの人が目指していますが、目的はただ一つ。一人でも多くの人を助けるためです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ