緊急消防援助隊と広域緊急援助隊と国際消防援助隊の違い

緊急消防援助隊とは、大規模災害や特殊な災害がおきたとき、通常の消防機関では対応できないとき、発災地の市町村長・都道府県知事あるいは消防庁長官の要請により空から・陸から消火・救助活動を実施します。阪神・淡路大震災の教訓より誕生した組織です。
広域緊急援助隊とは、国内の大規模災害時に都道府県の枠 を越えて広域的に直ぐ対応できる警察の災害対策組織です。全国の都道府県の警察に設置され、広域緊急援助隊には、救出救助活動等を行う警備部隊、緊急交通 路の確保等を行う交通部隊及び検視等を行う刑事部隊があります。阪神・淡路大震災の平成7年6月1日に発足しました。
国際消防援助隊とは海外で大規模災害が発生した際に消防庁など政府の要請により各都道府県の国際消防救助隊登録消防本部の救助隊から編成され国際緊急援助隊救助チーム(消防庁、警察庁、海上保安庁)の一員として被災地に派遣され救助活動を行う部隊のこと。
東日本大震災でも各救助隊が活動しました。
埼玉県の緊急消防救助隊の活動記録をみますと、埼玉県内から被災地に派遣された緊急消防援助隊等の活動状況は、3月11日(金)〜6月6日(月)の88日間でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ