総務省消防庁と東京消防庁の違い

総務省消防庁と東京消防庁の違いについてですが、将来消防士になりたい人にとってこの違いについて知っているととても役に立つかもしれません。
結論から
「総務省消防庁」は国の行政機関であり国家公務員
「東京消防庁」は東京都の行政機関であり地方公務員
さらに、仕事内容や採用試験、募集などについて説明します。
総務省消防庁から、こちらは中央官庁の一つであり消火活動、救助活動をする消防士はいません。
事務官や技官と呼ばれるかたが働いているところです。
この総務省消防庁で働くには国家公務員試験を受けなければなりません。
東京消防庁は「庁」とつけていますが、東京以外の「〜〜消防本部」や「〜〜消防局」と各自治体の組織と同じで、東京だけが東京消防庁としています。
消火活動、救助活動をする消防官(消防士)がいます。
また、東京消防庁は組織が大きいので「庁」とつけています。
どちらも、東京にあることから消防庁とよばずに、総務省消防庁、東京消防庁とよびまsひょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ