消防士に兄弟や親または親戚がいるとなりにくい!?

これは、本当かどうかわかりませんが、消防士に兄弟や親または親戚がいるとなりにくいという話を聞いた事が有ります。
そもそも、なぜ兄弟や親または親戚が消防士であると自分が消防士になろうとしてもなれないのか?
逆に兄弟や親または親戚が消防士であれば、コネで消防士になれると思いませんか?
実は、このコネについてしばしばマスコミ等で問題に上げられるため採用側は、第一試験で合格しても第二試験で親近の身内についても調べられている可能性があります。
もし、身内や親戚に消防士がいるとしたら、要注意です。何度かチャレンジして、なれなかったら、諦めるしか無いでしょう。どうしても消防士のような仕事をしたいのであれば、警察官になることも考えてみてはどうでしょう。
消防士も警察官も試験内容がほぼ同じなので、平行して試験を受ける事ができれば安心ですね。
このような近親事情でも無事に消防士になれたとしたら、安心はできません。コネでもないのに第三者からは、『親のコネでなれた』と思われる事はさけられないでしょう。精神的苦痛にも追い込まれ、せっかくなれた消防士をやめようと考えるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ