消防士を仕事にするには

将来、消防士を仕事にしたいという気持ちは、やっぱり大切にしたいものです。
消防士という仕事は幼児のときから火災予防の指導をうけているころから目にする職業ということもあり、人の安全を守る仕事で、ヒーローのような存在なのでしょう。
なぜ、消防士を仕事にしようと思うのか私なりに考えたことがあります。
小さい頃、よくみていたテレビの影響が少しはあるのではないでしょうか?
アニメでは大ヒットでした「ヤッターマン」ですね。出動するときにヤッターマン1号と2号がヤッターマンのサイドに片手つかみで斜め乗りがかっこいいと思った記憶があります。あれこそ消防士のようなイメージで。実際の消防士はあのような乗り方はしませんが。
それと、特撮ヒーロー戦隊ものですね。だいたいリーダーは決まって「赤」なぜ、リーダーは「赤」なのか? その色こそ、消防車の色だからなのではないでしょうか?
私の個人的なおもいですが、消防士を仕事にしたいという気持ちの原点はそこかな? と思うのです。
ただ、社会人になって一般就職してから、「やっぱり消防士を仕事にしよう」と思って、目指そうとしても、なれない条件があるこは知っていますか?
消防士になるには年齢制限があります。高卒、大卒とも年齢制限があるので、その期間を過ぎてしまうと、本気で消防士を仕事に合いたと思ってもできません。
あなたが、学生か社会人でもその年齢制限以内であれば、早い段階で消防士を仕事とすることを意識して、行動すことをおすすめしたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ