ドクターヘリで働くには

ドクターヘリで働くには、並大抵な経験ではなれません。搬送する患者は重症性が高いことが多く、瞬時に予測と最善の判断が必要になります。
ドクターヘリの出動命令がでて3分後には離陸します。
ドクターヘリなので目的地まではあっという間です。先についている地上の救急隊員との交信は着陸する前の2分間だけです。無線の操作ミスがあってはいけません。
その、2分間で患者の情報を聞けるだけ聞きます。脈はあるのか、出血の度合い、骨折しているのか、意識の状態など、その情報をもとに処置法を考え、必要な道具を頭の中でそろえていきます。
ドクターヘリの着陸態勢になると無線の交信はもうできません。
ドクターヘリが着陸して必要機材と道具をもって患者のいる場所まで走っていきます。
そこからは、ドクターヘリのなかでイメージした判断と変わらず素早い処置を行っていきます。
そこにいる救急隊員、消防士もみんなドクターヘリの救急隊員にすべてをゆだねます。
迷っている間はありません。患者は瀕死の状態なので最善の処置を行い、ドクターヘリまたは救急車で搬送したりします。
いってみれば、ドクターヘリは空飛ぶお医者さんです。そこにはチームがあり、機長、救急救命士と限られた人数で活動します。
お互いの信頼関係はもちろん、ドクターヘリに乗るにはコミュニケーションがとても大切になります。
ドクターヘリの仕事をするにはこうした業務があるというこです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ